A, B, C, D, E


A

 

・キース・アルサム(Keith Altham)

音楽ジャーナリスト。ザ・フーの長年の広報担当を行なっていた。

・ジョン・アストレイ ( Jon Astley)

『フー・アー・ユー』のプロデューサーで、ピート・タウンゼントの元妻、カレン・アストレイの兄。父は作曲家のエドウィン・テッド・アストレイ。

 

B

・フランク・バルサローナ(Frank Barsalona)

米国プロモーターでザ・フーの米国進出に大きな役割を果たした。ミュージシャン以外で唯一ロックの殿堂入りを果たしている。

・リチャード・バーンズ  (Richard Barnes)

ピート・タウンゼントのアートスクール時代の元ルームメイトで作家。著書に『The Story Of Tommy』『The Who: Maximum R&B』や『Mods!』など。

 

・ピーター・ブレイク(Peter Bleke)

ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』アルバム・アートワークで有名なポップ・アートの開拓者。『フェイス・ダンシズ』のアルバム・カバーのアートワーク他、2006年のライブ・アット・リーズ除幕式で同アルバムの2006年版をリワークし、発表している。

 

・ジョン『ラビット』バンドリック (John "Rabbit" Bundrick)

 

・ピーター『ドゥーガル』バトラー (Peter "Dougal" Butler)

キース・ムーンの元PAで、「Full Moon」の著者。モッドとしてザ・フーを観に行っていたという。

 

C

・ニック・コーン (Nik Cohn)

英国ロック・ジャーナリストでピンボールに夢中だった。著書に『Teenage Pinball Queen』など。

 

・トム・クリチェリー (Tom Critchley)

UKツアーを行ったミュージカル版『Quadrophenia』の監督。コーンウォールにある劇場のパトロンになるようピートに頼んだところ、そのプロジェクトは進まなかったが、Eel Pie Publishing Ltd主催のこの劇場プロダクションのパートナーになるよう頼まれたという。

 

・チャド(Chad)
本名はTerry Kennett。
『四重人格』アルバムカバー及び写真集のモデル。バタシー発電所の近くに住んでいて、ランポートスタジオの秘書によって推薦された。

 

・クリス・チャールズワース (Chris Charlesworth)

『ザ・フー全曲解説 (スーパー・ロック・ガイド) 』の著者で、『30 Years of Maximum R'n'b 』のライナーノーツを担当。

 

・ビル・カービシュリー (Bill Curbishley)

元モッズで、ザ・フーのマネージャー。ザ・フーの他、ジューダス・プリースト、ロバート・プラントを抱えるマネージメントTrinifoldを率いる。弟は元フットボール選手のアラン・カービシュリー。

ディレクターとして数々のザ・フー作品にも関わっている。

 

D

・フィル・ダニエルズ (Phil Daniels)

映画『さらば青春の光』で主人公ジミーを演じた。

・ロジャー・ダルトリー (Roger Daltrey)
ザ・フーのフロントマン 詳しくはこちらのページ

 

E

・スティーヴ・エリス (Steve Ellis)

ラヴ・アフェアのボーカル。72年の『Riding On The Crest Of A Slump』はロジャー・ダルトリーがプロデュース。

 

・リチャード・エヴァンス (Richard Evans)

グラフィックデザインを学び、靴のデザイナーとして服飾産業へ進出、エルトン・ジョン、ロキシー・ミュージック、オズモンズの足下を飾った後、オーブリー・パウエルとストーム・ソーガーソンに出会い、グラフィック・デザイナーとしてヒプノシスの一員となり、独立して自分のスタジオを設立。1976年以降はザ・フーのアート・デザイナーとしてツアー・パンフレットやエンドレス・ワイヤーのアートワーク等、数々の作品を担当。他にもドアーズ、ロバート・プラント、ビル・ワイマンらの作品にも関わっている。現thewho.comウェブマスター。

 

投稿日:2012年6月30日 更新日:

Copyright© <ザ・フー>The Who's Japanese Fans! , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.